処方箋が不必要のは何故か|フィプロフォートプラスなど犬の薬から人間の薬まで!便利な個人輸入

処方箋が不必要のは何故か

手に持っているカプセル

通常、国内でお薬を手に入れようと思うと処方箋が必要になってきますよね。
ですが個人輸入でお薬を購入するときは処方箋が必要ありません。
どうしてなのだろうと気になったことはありませんか?

処方箋は診察した医師が必要な薬の量や投与方法などを記した書類で、薬剤師に渡すものです。
薬剤師はこれを見て医師の指示に従って薬を患者に渡すというのが、皆さんも知っているであろう国内で薬を手に入れるときの大きな流れです。
処方箋は医師がその薬の使用に関して責任を持つと記している書類ともいえるため、責任の所在は医師にあるといえます。
ですが、個人輸入の場合はあくまでもそれを利用するのは個人の判断であり、医師がそこに関係してくることはありません。
その人の自己責任で服用することになるので、誰かにその薬に対して証明してもらう必要がなくなってきます。
そのため、海外の医薬品を個人輸入するときは処方箋が必要なくなるのです。

この時点でお分かりいただけたと思いますが、個人輸入で手に入れたお薬を使うときは自己責任になります。
人間だけでなく、フィプロフォートプラスなどの犬猫用のノミ・ダニ駆除薬を使うときもそれは同じです。
ですので、使う前にその薬についての最低限の知識や飲み合わせが悪い薬がないかといった情報をきちんと手に入れておいたほうがいいでしょう。
心配な場合は手に入れた薬を使う前にかかりつけの医師や獣医師さんに相談してみることをオススメします。